湖面の文様と樹々をリズミカルに切り取る スローシャッターで引き波の魅力を写し出す 「神様の通り道」という物語を紡ぐ
樹々が林立している湖面。普通、狙いたくなるのは、鏡のようにはっきりと映り込むリフレクションでしょう。ところが、長瀬正太さんの視点は少し異なります。微かな風の動きを感じさせる湖面と、控えめなリフレクション。どのような思考で
長時間露光で海を撮ると、波の軌跡が線として描かれます。寄せ波、引き波、岩に当たり砕け散る波、それぞれ表情が異なります。とくに軌跡が美しいのは、引き波の表情。Katsuraさんに、撮り方のポイントをうかがいました。 写真:
昼間なのか夜なのか、海なのか空なのか。長瀬正太さんの撮る大洗・神磯の鳥居は「無」を感じる静かで厳かな佇まいです。この場所にどのようなインスピレーションを受けて切り取ったのか、考え方から撮影の工夫まで、一連の流れを伺いまし
どこか懐かしい描写が魅力的なオールドレンズ。クローズアップレンズをつけることで、「寄れない」オールドレンズをマクロレンズのように使うことができます。スタイリングセンス抜群のフォトグラファー・ニシダ ヨリコさんに、そのポイ
滝は長秒にすると滑らかな描写になりますが、長すぎるとただの白い面に、短かすぎると肉眼で見たままの記録写真になりがちです。静と動、幻想とリアリティが同居する美しい滝写真の撮り方について、藪崎さんに教えていただきました。 写