自然との共鳴・癒し・ヒーリングをテーマに、日本国内や海外の風景を追い続ける写真家。

藪崎次郎 Jiro Yabuzaki

自然との共鳴・癒し・ヒーリングをテーマに、日本国内や海外の風景を追い続ける写真家。 被写体の持つ美しいディテールを余すことなく超高精細かつ鮮やかに表現する技法を持ち、その作風は「スーパーリアル」と称される。中でも水辺や金属など光沢感のある被写体のリアリティー溢れる階調表現を得意としている。現在までに様々な被写体の撮影を経験し、ここ数年は自然風景写真をメインとした作家活動を展開。ギャラリーにてプリント作品を販売する他に、企業への作品提供や写真カメラ専門誌への作例・レタッチテクニックなどを寄稿している。 また「写真で人々を笑顔に!」という志を持ち、写真作家活動を通じて、東日本大震災で被災した子供たちの教育と心のケアをサポートする慈善活動も行っている。 横浜市在住、写真家・色彩管理士・カラーコーディネーター。

受賞歴
日本写真家協会JPS 第41回公募展
日本写真作家協会JPA 第14回公募展

主な展示歴
個展:1/fSignals (東京,IslandGallery,2018年06月)
合同展:25人展2017・情景写心 (東京,IslandGallery,2017年08月)
合同展:三人写真展2017 (東京,IslandGallery,2017年10月)

ウェブサイト
Instagram
Facebook
Twitter